失敗しない!ワイヤレスイヤホンの選び方 | あなたに合ったイヤホンを見つけるための3つのポイント

突然ですが、あなたが使っているスマートフォンは何ですか?

iPhoneですか?、それともAndroidでしょうか?

ワイヤレスイヤホンとスマートフォンには相性が存在します。相性の良いイヤホンを選ぶことで、お使いのスマホの能力を最大限活かして音楽を楽しむことができます。

この記事では、あなたに合ったイヤホンを見つけるための大切な3つのポイントを中心に解説致します。

ここがポイント!
  • イヤホンの装着感はとっても大切
  • ノイズキャンセリング・外音取込機能などの最新機能が必要かどうか
  • 音の好みと対応しているコーデック

わからない単語があっても大丈夫、本文中で詳しく解説しています。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

イヤホンの形状は大きく分けて2種類

赤丸で囲まれた部分が、インナーイヤー型の形状になります。スマホを買ったときに同梱されていることもあり、よく見かけるタイプです。

特長としては、耳の穴に対して浅く装着するため、圧迫感が少なく長時間の装着でも耳が痛くなりにくいです。

周囲の環境音も取り込むことができるので、その分音漏れがしやすい構造になります。

青丸で囲まれた部分が、カナル型の形状になります。イヤホンの先端にイヤーチップが付いており、耳栓のように遮音性と密閉性が高く音漏れがしずらい構造です。

加えて、インナーイヤー型と比べて低音域から繊細な音まで聴こえやすくなるのも魅力の一つです。

電車やバスの中でイヤホンを使うなら音漏れしずらいカナル型がおすすめです。

ノイズキャンセリングと外音取込機能

ノイズキャンセリング・外音取込機能は、遮音性の高いカナル型のイヤホンに搭載されています。

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の雑音を軽減してくれる機能で、静かな環境で音楽を楽しむことができます。

雑音が気にならない分、控えめな音量でもしっかりと聴くことができます。

ノイズキャンセリング性能はイヤホンによって異なりますが、優れたものであれば周囲の音がほとんど聞こえません。

仕事や勉強で耳栓代わりに使うことができ、集中したい環境をイヤホン一つで作り出すことができます。

機能のオンオフは切替えられるので、環境に合わせてお使いいただけます。

外音取込機能とは、イヤホンを耳に付けたままでも周囲の音が聞ける機能です。

イヤホンに搭載されたマイクが周囲の音を聞きやすくしてくれるので、レジでの対応や電車内のアナウンスをイヤホンを外さずに行えます。

その他にも散歩や料理中など、ながら聞きができる点もうれしいですよね。

こちらもイヤホンによって性能は異なりますが、優れたものは自分の耳で聞いているのと同じようなレベルで周囲の音を再現してくれます。

音質とコーデック

イヤホンによって音質が異なります。後悔しないイヤホン選びには好みの音質かどうかも重要です。

「音の好みがよくわからない」という方には、音質調整用のアプリを搭載したイヤホンがおすすめです。音を調整できる為、あなたの好みの音が見つかります。

ワイヤレスイヤホンは、Bluetoothによりスマホと接続されています。

音声データをスマホに送信する際、送れる容量が決まっているので、データを圧縮する必要があります。

この圧縮方式をコーデックと呼び、スマホとイヤホンのコーデックを合わせることで、音質を劣化を抑えることができます。

コーデックは10種類以上ありますが、下記の4つを押さえておけば問題ありません。

SBC

SBCは標準的なコーデックで、Bluethooh接続をする際には標準として採用されています。

特長的には、遅延・音質共にそこそこの性能です。現在発売されているイヤホンではSBCのみの物は少ない印象です。

AAC

iPhoneはじめ、iPad・iMacなどのApple製品にはAACのコーデックが採用されています。

SBCよりも遅延が少なく・音質もいいです。Apple製品でイヤホンを使用する際はAACコーデックのものがおすすめです。

aptX

Androidには主にこちらのコーデックが採用されております。AACよりも音質が良くて遅延が少ないのでゲームや動画でも気になりません。

aptXに対応するAndroid端末があるなら最大限活用できるように、aptXを搭載したイヤホンがおすすめです。

LDAC

Xperia端末や新型のandroid(8.0以降)には主にこちらのコーデックが採用されております。ソニーが独自で開発したコーデックで、超高音質を実現しています。

その分データ量が大きいのでSBCよりも遅延があり、ゲームや動画ではタイムラグを感じるので、あくまでも音楽を楽しむ方向けのコーデックになります。

イヤホンを選ぶ際には、iPhoneであればAAC、AndroidであればaptX・LDACの搭載されたものを選択することで、スマホの能力を最大限活かすことができます。

コーデックiPhoneAndroid
SBC
AAC未対応
aptX未対応
LDAC未対応一部対応(Xperia端末や新型のandroid(8.0以降))
コーデックとスマホの対応表

その他のポイント

バッテリー・充電方式

イヤホン本体の再生時間は平均で5~6時間程度で、充電ケースを合わせると20~25時間程度が平均的なバッテリー仕様になります。

充電方式は、有線方式(USB-Type-C)が最も多く、中にはワイヤレス充電に対応した充電ケースもあります。

Bluetoothのバージョン

2021年以降に発売されたイヤホンであればそんなに気にすることはありませんが、Bluetooth4.2以上が推奨されます。

バージョンが異なると通信速度の向上・消費電力低減などありますが、Bluetoothのバージョンでイヤホンを選ぶ程の違いはありません。

防水性能

最近のイヤホンであれば、IPX4かIPX5を搭載している製品が多くみられます。

防水保護等級

IPX4:あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない。

IPX5:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない。

通話品質

通話品質はイヤホンにもよりますし、使用する環境でも大きく左右されます。

イヤホンの形状で言うと、airPodsのようなスティック型はマイクと口が近いため、相手にクリアな音声を届けられる傾向にはあります。

イヤホンによっては、通話時に周囲の雑音を低減してくれるモデルもあります。

個人的には、静かな部屋で通話をしたり、WEB会議で使用するには問題のない製品が多いように思います。

まとめ

ワイヤレスイヤホンについて解説してきました。最後にこんな方にはこのイヤホンがおすすめ!をまとめましたので、参考になれば幸いです。

コストを抑えていい音質で音楽が聴きたい方へのおすすめ

耳へのフィット感を重視したい方へのおすすめ

強いノイズキャンセリング機能搭載のイヤホンが欲しい方へのおすすめ