MOMENTUM 4 Wirelessのレビュー。音響メーカーの優れた音質で、快適な装着感

「ワイヤレスヘッドホンが欲しいけど、ゼンハイザーってどうなの?」

2022年8月にSennheiserからリリースされた「MOMENTUM 4 Wireless」は、優れた音質と音場の広さから、臨場感のある音楽体験が可能。

さらに、快適な装着感と優秀なノイズキャンセリング機能を搭載しており、周囲の環境に関係なく音楽に没頭することができます。

この記事では、筆者が実際にイヤホンを使用してみた感想や、店員として接客中に頂いたお客様の声を元に「MOMENTUM 4 Wireless」の解説しています。

筆者のプロフィール

家電量販店のオーディオコーナーで店員をしつつ、大好きなイヤホン・ヘッドホンの魅力を発信しています。

「Sennheiser MOMENTUM 4 Wireless」の特徴は?

「MOMENTUM 4 Wireless」は、音質へのこだわりだけでなく、装着感や使い勝手にも考慮されたヘッドホンです。

良い点
  • ワイヤレスヘッドホンでトップクラスの音質
  • 最大60時間のロングバッテリー性能
  • 優秀なノイズキャンセリング機能
  • 2台同時に接続できるマルチポイントに対応
残念な点
  • 価格が高い

メーカーサイトの価格が5万円を超えているので、予算に余裕のある方で音質にこだわりたい方にはおすすめのヘッドホンです。

実売価格は、5万円以下の時もあるので、セールや安くなっているタイミングを見計らって購入すればお得に手に入れられます。

スポンサーリンク

「Sennheiser MOMENTUM 4 Wireless」の評判・口コミは?

SNSやショッピングサイトでの「MOMENTUM 4 Wireless」の評判や口コミを調査してみました。

音質の良さとバッテリー性能を評価しているコメントが多かった

「Sennheiser MOMENTUM 4 Wireless」のレビュー

「MOMENTUM 4 Wireless」を使ってみた感想や、使い勝手をご紹介します。

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessの外観と使い方

「MOMENTUM 4 Wireless」は、前作のメカメカしい無骨なデザインから、無駄を削ぎ落したシンプルかつ高級感あるデザインに路線変更しました。

操作もボタン操作からタッチセンサーへ変わっており、使い勝手が良くなっている印象を受けました。

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessの操作方法

「MOMENTUM 4 Wireless」のハウジング部分にはタッチセンサーが搭載されています。

右側のハウジングを操作することで、音楽の再生/一時停止や音量を調整することができます。

主な操作一覧
  • 再生/一時停止:1回タップ
  • 曲送り:後ろから前にスワイプ
  • 曲戻し:前から後ろにスワイプ
  • 音量上げる:下から上にスワイプ
  • 音量下げる:上から下にスワイプ
  • モードの切替:2回タップ

装着感が良いので重さを感じない

「MOMENTUM 4 Wireless」はワイヤレスヘッドホンの平均的な重さですが、装着感は軽くて重さを感じにくい設計になっています。

ヘッドバンド部分をよく見ると、小さなへこみ(赤丸部分)が見られます。

そうすることで、ヘットバンドと頭の接地面積を増やして負担を分散させています。

また、肌に直接触れるイヤーパッドには柔らかくてソフトな手触りのビーガンレザーが採用されています。

心地いい側圧と、ヘッドホンのデザインや素材によって快適な装着感が得られ、長時間のリスニングでも疲れにくいように進化しています。

バランスの良い音質で音場が広い

「MOMENTUM 4 Wireless」は現在発売されているワイヤレスヘッドホンの中でトップクラスの音質です。

音の傾向は今までのSennheiserと同じフラット傾向で、低音から高音までバランスの取れた音質に仕上がっています。

低音の深さと解像感の高さ、中音域には厚みがありボーカルも艶っぽく聞かせてくれます。

低音にエキサイト感、高音に上品さを感じるので、音楽のジャンルを問わず楽しく音楽を聞けるヘッドホンです。

音場が広く定位感もあるので、臨場感ある音楽体験が可能

スポンサーリンク

強力かつ自然なノイズキャンセリング

「MOMENTUM 4 Wireless」は、ノイキャン専用のマイクを4つも搭載しており、優秀なノイキャン性能を体感することができます。

さらに、周囲の雑音のレベルに合わせてノイズキャンセリング機能のレベルを調整してくれます。

静かな場所では、ノイキャンのレベルを落としてくれるのでノイキャン特有の耳が詰まる感覚も最小限に抑えてくれます。

一方、騒音の激しい地下鉄の電車内では、強力にノイズを軽減してくれるため、音楽を聞いていても周りの雑音は気になりません。

アプリを使用したり、ハウジング部分の操作から強弱を調整することもできるので、気になる方は自分好みに合わせて変更できます。

イヤーパッドがやわらかく、ぴったりフィットしてくれるので遮音性も高い

外音取込モードは自然な聞こえ方

「MOMENTUM 4 Wireless」を外音取込モードに切り替えると、周囲の環境音を自然に取り込んでくれます

モードを切り替えると一気に周りの音が入ってきますし、ホワイトノイズもほとんど気にならないレベルに抑えられています。

音量も申し分なく、自分の耳で聞いているかのような音量で周囲の環境音を聞くことができます。

人との会話も問題なく使える

通話性能はかなり優秀

「MOMENTUM 4 Wireless」には、通話専用のマイクが4つ搭載しており、クリアな音声で電話をすることができます。

Sennheiserはプロ用のマイクを手掛けていることもあり、「MOMENTUM 4 Wireless」にも優秀なマイクが搭載されています。

また、屋外で使用する際の風の影響や、イヤホンの形状による気流の乱れが生じないよう設計されており、マイクの配置も工夫がされています。

通話時には周囲の雑音を軽減してくれるので、騒がしい環境でもあなたの声を通話相手にクリアに届けてくれます。

アプリで風切り音を抑える設定もある

便利なアプリが搭載されている

「MOMENTUM 4 Wireless」には、専用アプリ「Smart Control」が用意されていて、気軽に設定を変更できます。

アプリの機能一覧
  • イコライザー設定(音質調整)
  • Sound Check(音質テスト
  • アクティブノイズキャンセレーション
  • その他の詳細な設定
  • ファームウエアのアップデート

よくある質問(Q&A)

「MOMENTUM 4 Wireless」についての疑問や気になるポイントをまとめています。

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessのアップデートや最新のファームウエアについて

「MOMENTUM 4 Wireless」のファームウエアを最新の状態にアップデートすることで、不具合の解消だけでなくより便利に使うことができます。

アップデートをする前には、バッテリーが十分にある状態で行いましょう。

詳しい方法は、公式サイトで説明されているので、不安な方は確認しながら作業をしてみてください。

最新のファームウエアは、2.9.12が最も新しいバージョンとなります。

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessの不具合は?

「MOMENTUM 4 Wireless」ではいくつかの不具合が報告されているようです。

不具合の症状
  • 接続が不安定
  • 電源が入らない
  • 音が出ない
  • 充電出来ない
  • ペアリングできない

上記の症状の場合は、公式サイトにて症状別の対処法ないしリセット方法について解説しています。

Sennheiserには、24か月の保証が無償で付いているので、期間内であれば無料で修理してもらえることもあります。

アプリを使えば、工場出荷時の状態にできる

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessのペアリング方法は?

デバイス(iPhoneなど)とイヤホンのペアリング方法を解説します。

STEP

ヘッドホンのBluetoothがオンになっているかを確認

STEP

ヘッドホン右側のボタンを5秒間長押しするとペアリングモードになる

STEP

アナウンスが聞こえたら、接続したいデバイスのBluetooth設定から「MOMENTUM 4 Wireless」を選択すれば接続が完了です。

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessのイヤーパッド交換は可能?

「MOMENTUM 4 Wireless」には、交換用のイヤーパッドが用意されています。

そのため、イヤーパッドが痛んできたり汚れても交換することが可能ですので、長期間きれいな状態で使用することができます。

使い勝手の変わらない互換性のあるイヤーパッドは、正規品の半額程度で販売されています。

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessのノイズキャンセリングのやり方は?

「MOMENTUM 4 Wireless」は、右側のハウジング部分の操作でモードを切り替えることができます。

ハウジング部分を軽く2回タップすることで、ノイズキャンセリングモードの切替が行えます。

モードの切替はアプリからも可能

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessは有線(ケーブル)で接続できる?

「MOMENTUM 4 Wireless」には、1m程度のケーブルが同梱されていますので、アナログ有線接続やUSBでのデジタル接続にも対応しています。

3.5mmの標準タイプのプラグなので、対応した端子を搭載したスマホやPCに接続することが出来ます。

もちろん、有線のアナログ接続の場合でもノイズキャンセリング機能を使うことが可能です。

バッテリーが無い状態でも使える

Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessのエージングの時間は?

一般的なヘッドホンのエージング時間は約100時間程度と言われています。

エージングを行うことでヘッドホン本来の音質を安定して出すことが可能になります。

一度に行うのではなく、1日2時間程度を目安に行うことで、ヘッドホンに負担を掛けずエージングを行うことができます。

スペック・価格の一覧表

発売日2022/8/23
販売価格47,000円(税込)
タイプオーバーヘッド
充電方式USB Type-C
コーデックSBC,AAC,aptX,aptX Adaptive
ドライバー42mm
重量293g
連続再生時間最大60時間
(ノイキャンON時)
充電時間約2.0時間
マイク
マルチポイント2台
カラーバリエーションブラック/ホワイト
BluetoothバージョンVer.5.2
低遅延
Sennheiser MOMENTUM 4 Wirelessのスペック表

まとめ-こんな方におすすめ-

この記事では、「MOMENTUM 4 Wireless」を実際に使ってみた感想や音質のレビューをさせて頂きました。

最後に、「MOMENTUM 4 Wireless」をおすすめする方と、こんな方にはおすすめできない方をまとめましたので、ご参考いただけたら幸いです。

こんな方におすすめ
  • ワイヤレスヘッドホンで音質にこだわりたい方
  • 快適な装着感のヘッドホンをお探しの方
  • 通話品質の高いヘッドホンをお探しの方
  • マルチポイントを搭載したヘッドホンをお探しの方
こんな方にはおすすめできません
  • ゲームメインで使うヘッドホンをお探しの方
  • 物理ボタンで操作を行いたい方

スポンサーリンク