iPhone 15にイヤホンジャックはある?有線イヤホンを使う方法もご紹介

Appleの最新スマホ「iPhone 15」シリーズには、イヤホンジャックが搭載されているのでしょうか?

この記事では、「iPhone 15」シリーズのイヤホンジャックの有無や、有線イヤホンで聞く際の注意点などをご紹介しています。

筆者のプロフィール

家電量販店のオーディオコーナーで店員をしつつ、大好きなイヤホン・ヘッドホンの魅力を発信しています。→ iPhoneと相性の良いおすすめイヤホン

スポンサーリンク

iPhone 15・iPhone 15 Proにイヤホンジャックはある?

残念ながらiPhone 15・iPhone 15 Proには、通常の3.5mmのイヤホンジャックは搭載されていません

音楽好きにとってはイヤホンジャックがほしかった

しかし、Bluetoothには対応しているので、ワイヤレスイヤホンであれば問題なく使用することができます。

もちろん、有線イヤホンで音楽を聞く方法もありますが、USB Type-Cの端子とイヤホンジャックを繋いでくれる変換ケーブルが必要となります。

iPhone 15は高音質で音楽を楽しめるのか?

今までのiPhoneはLightning(ライトニング)端子を採用してきましたが、iPhone 15ではUSB Type-Cに変更されました。

USB Type-Cに変わることでDACがスムーズに使えるようになったり、高音質で聞けるUSB Type-Cイヤホンを使えるようになりました。

詳しくは、こちらの記事で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

iPhone 15に有線イヤホンを接続する方法

AppleはAirPodsシリーズで、ワイヤレスイヤホン市場を爆発的にさせてきました。

有線イヤホンのようにコードが無く、絡まったり引っ掛かったりしない便利なアイテムですが、どうしても音質や遅延の部分で劣る部分もあります。

そのため、有線イヤホンを使いたい続けたい人もいるはずです。

「iPhone 15」シリーズには、データ転送用のポートとしてUSB Type-Cが搭載されています。

このUSB Type-Cと3.5mmイヤホンジャックを繋いでくれる変換ケーブルを使用することで有線イヤホンで音楽を楽しむことができます。

変換ケーブルにはいくつか種類があるので、それぞれ特徴も合わせて紹介していきます。

エレコム ヘッドフォンアダプター 変換ケーブル

音質にこだわりがなければ、「エレコム ヘッドフォンアダプター 変換ケーブル」を使用することで、遅延なく有線イヤホンで接続することができます。

ラディウス radius RK-DA60C

遅延なく音質にもこだわりたい場合は「ラディウス radius RK-DA60C」がおすすめです。

イヤホンジャックが無いことにより、デジタル信号からアナログへ変換する工程が発生し、その際に音質が劣化すると言われています。

「ラディウス radius RK-DA60C」を使えば、音質の劣化を最小限に抑えることが可能。

ESR USB Cイヤホンアダプター

充電しながらイヤホンを使いたい場合は、「ESR USB Cイヤホンアダプター」がおすすめです。

「iPhone 15」には、USB Type-Cのポートが一つしかないので、通常であれば充電中に有線イヤホンを使用することができません。

しかし、「ESR USB Cイヤホンアダプター」には、イヤホンジャックが搭載されているので、充電しながらでもイヤホンを使うことができます。

まとめ

この記事では、「iPhone 15」シリーズのイヤホンジャックの有無や、変換ケーブルについてご紹介してきました。

最近では有線イヤホンのように、遅延がほとんど無く、高音質のワイヤレスイヤホンも登場するようになってきました。

2023年のワイヤレスイヤホンのランキングをまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

今なら【30日無料】音楽が聴き放題・映画/アニメも見放題

あなたはすでに体験済みですか?

Amazonの音楽聴放題!映画・アニメ・ドラマ見放題サービス

【30日間無料】Amazon Music Unlimitedなら1憶曲が聴き放題サービス

【30日間無料】Amazonプライム会員なら、最新作や話題の作品まで見放題サービス

満足できない場合は30日以内なら費用は発生しません

スポンサーリンク